• 岡谷市のお茶屋の店主の気ままなブログです。

手のひらから考えた32進記号を使ってみよう 両手

「手のひらから考えた32進記号を使ってみよう」を両手でやってみます。
両手だと 0~1023まで 表現できます。

両手で32進記号

両手を使うときは、右から左へ、小指から親指へと桁上がりするように左手は手のひら側、右手は手の甲側を使います。

この32進数記号を2進数に変換するには、左下より右回りに外周を棒があれば1、なければ0を書きながら左手右手とつなげればできます。

手で2進数についてはこちらをご覧ください。

例題

32+4+2=38 です。

2進数:0000100110

512+128+64+32+16+4+2+1=759
または 23×32+23=759 です。

2進数:1011110111

256+64+32+8+4+1=365
または 11×32+13=365 です。

2進数:0101101101

例文

4月18日の話題

今日の午前中は雨風強く、荒れた日でした。この天候で、店の前の社の桜が散っていく様は、まるで雪が降っているようでした。