• 岡谷市のお茶屋の店主の気ままなブログです。

フライパンほうじ茶の出来上がりを比べてみました

フライパンほうじ茶の出来上がりを比べてみました。

焙煎後の比較

棒茶

これは少し火が入りすぎてしまいました。
焦げている部分が多く試飲するとやはり焦げの味がしました。

2次焙煎の時の温度が高すぎたかもしれません。

これはまあまあの出来だと思います。

香りも甘くできています。

上と比べると焙煎時の温度が低かったと思われます。その分お茶のふくらみが少なかったようです。

煎茶

これは少し焙煎不足のようです。
2次焙煎時の焙煎時間が短かったようです。

比較的見た目はきれいですが、試飲すると煎茶の味が残っています。

まあまあの出来と思われます。
もう少し2次焙煎時の温度が高ければ、お茶がさらに開いたと思われますが、高いと焦げるのでこの見極めが難しいです。

何回やってもうまく作るのは難しいです。

今日は、フライパン焙煎体験にお二人来ていただきましたが、大変うまくできたと思います。体験を生かして、ほうじ茶を楽しんでいただければ幸いです。

お客さんに負けないように頑張らないと!