• 岡谷市のお茶屋の店主の気ままなブログです。

お茶屋の道具 箕(み)

味、香りを調整するために2種類以上のお茶を混合(合組)するときに使ったり、茶葉を袋に詰める時に使ったりします。

箕(み)

竹や木の皮などを編んで作られています。お茶屋で使う箕は、竹製だと固すぎて使えません。最近、柔らかい箕が手に入らず、昔のものを修繕しながら使用しています。

普段使っている箕

ずいぶん傷んでいます。今このタイプの箕がなくて困っています。

和紙を張って修繕した箕

合組には使えますが、固いので袋に入れたりするには使いにくいです。

柿渋が塗ってある箕

小さな箕

金属の箕

倉庫にある昔の箕

ずいぶん傷んでいます。

昔、子供の1歳のお祝いに箕に載せ、「みはみでのこれ、しなはしなでとんでいけ」と言いながら揺さぶって成長をお願いしたことを思い出します。