• 岡谷市のお茶屋の店主の気ままなブログです。

耐熱陶器で火入れ 萬古焼編

前回は信楽焼の皿を使いましたが、今回は萬古焼の皿を使ってみます。

萬古焼皿で火入れ

信楽焼の皿は36cmありましたが、萬古焼の皿は31cmで大きさが違うため条件が変わってしまいますが、同じ設定でやってみます。

まず中心部分が250℃くらいの高温に熱しておいて、冷まして皿の中心が120℃くらいになるようにしました。
この時皿の淵近くは80℃位です。

前回の皿より小さいため、冷めるのも早かったため、お茶を投入した後、極弱火で加熱しました。
加熱しながら皿を振りお茶を炒りました。

五徳に移して5分ほど放置しました。

前回よりも火の入りが浅く、多少白みがかった程度でした。
香りは、焙煎香の少し甘い感じの香りがします。

急須で淹れてみました。

水色はやや黄色みがかかった薄緑色です。
味は、煎茶の味に香ばしさが加わった感じです。
火の強い煎茶として飲むには少し火が入りすぎてる感じです。
放置するときに蓋を使い冷めにくくした方が良いかもしれない。