• 岡谷市のお茶屋の店主の気ままなブログです。

急須選びのポイント つづき

前回に続いて、急須を選ぶ時のポイントを紹介します。
急須を買う時の参考にしていただければと思います。

急須選びのポイント その2

急須の種類

横手の急須

中国では後ろ手の急須が主流ですが、江戸時代後期から横手の急須が普及してきたようです。後ろ手に比べて、取り回しが良いように思います。

******************

後手の急須

煎茶道では後手が使われます。
見た目がスタイリッシュで紅茶やハーブティなどに向きます。

******************

宝瓶(ほうひん)

大きな急須はありません。玉露や、高級煎茶など、少量のお湯で時間をかけて淹れる時によく使われます。

******************

搾り出し

高級なお茶をゆっくり淹れる時に使います。お湯がお茶によく染み込み茶葉がよく開くため、濃厚な味のお茶ができます。蓋と淵の隙間から注ぐため、細かいお茶は濾せません。

******************

土瓶

大人数の時や、大きな湯呑に注ぐときによく使われます。ほうじ茶、玄米茶などに向きます。弦があるため、湯量が多くても楽に注げます。ただ、お茶を取り出すときに少し弦が邪魔になります。

普段お茶を淹れる時は、横手の急須が使い良いと思います。高級茶からほうじ茶までオールマイティです。
お茶の種類ごとに、煎茶用、ほうじ茶用など、それぞれに専用の急須を使った方が、お茶の特徴が急須になじんで、おいしく入ると思います。

お茶の種類による急須選び

玉露

小ぶりの湯呑(30ml)3杯淹れるとして、100mlくらいの急須、小ぶりの横手の急須か、宝賓がいいと思います。一人で玉露をゆっくり楽しむなら搾り出しもいいと思います。

上級煎茶

100ml位の湯呑に3杯淹れるとしたら、300ml程度の横手の急須が良いと思います。よく見かける急須の大きさです。

普通煎茶

普段使用している湯呑にもよりますが、400ml以上の少し大きめの横手の急須が使い良いと思います。

ほうじ茶、玄米茶

2人で飲むなら、400mlくらいの横手の急須、3人以上なら土瓶を使うのが良いと思います。

紅茶、ウーロン茶

少し大きめの後ろ手の急須が、普段のお茶と違う雰囲気を演出してくれると思います。

このお茶はこの急須を使用しなくてはいけない、なんていう決まりはないので、いろいろなタイプの急須をお試しください。いつもと違う急須を使うと、新たな発見があるかもしれません。急須ライフは奥が深いです。

「急須選びのポイント」はさらに続きます。