• 岡谷市のお茶屋の店主の気ままなブログです。

お茶の分類 棒茶

普段、良くご家庭で飲まれているお茶です。渋味が少なく、飲み心地が良いお茶です。

棒茶(茎茶とも言います)

棒茶は、煎茶を仕上げる段階で出るお茶の茎の部分です。

お茶を作るときの副産物としてできるため、低価格でおいしく飲めます。
煎茶と違い、蒸らすことなく熱いお湯で、さっと入れることができます。

棒茶

5gを茶碗に入れたところ

お湯を注いで1分後

お湯を入れて見ていると、茶葉の下の方から茎の部分がふっと浮いてきます。
これがうまく立てば、茶柱になりますね。

茶殻

上澄みを茶碗へ

水色は黄緑色で、粉が少ないため透明感があります。
棒茶は香りが高く甘味も出るので、どなたにでもおいしく淹れられ、飲みやすいお茶です。ただ、少し淡白な味のため、物足りなく感じることもあります。