• 岡谷市のお茶屋の店主の気ままなブログです。

お茶の分類 玄米茶

香ばしい香りが魅力のお茶です。
さっぱりしたお茶を飲みたいときに最適です。

玄米茶

玄米茶といいますが、玄米ではなく、白米を焦げ色が付くまで炒ったものが使われます。
白米を使うのは、香りがいいからです。
白いポップコーン状のものは、花と呼ばれ、炒って膨らめたものです。
花は、見た目をよくするもので、味はありません。

玄米茶を作る

元のお茶を決めます。
煎茶、ほうじ茶、番茶など混ぜるお茶によりいろいろな味を楽しめます。

今回は煎茶を使います。

混ぜる玄米を作ります。

玄米80%、花20%で混ぜます。

作った玄米と煎茶を半々で混ぜます。

香、味、水色を調べましょう。

5gを茶碗に入れたところ

お湯を注いで1分後

お湯を入れると、香ばしい香りがしてきます。

茶殻

上澄みを茶碗へ

水色は玄米と混ぜるお茶によります。香りがよく飲み心地がさわやかです。
たくさん飲んでいると、玄米のせいかお腹が膨れてくる感じがします。